ほうれい線のでき易い骨格とでき難い骨格

自身は三兄妹の最良下部だ。姉両人は夫に似て、卵形のきれいな面持の形状。昔からうらやましく思っていました。

というのも、如何なる髪形だって似合うし、如何なる衣料もとことん似合うからです。

それに比べて自身は、女子に似てエラが張っている。成長するにつれエラの形状が目立つようになり、だらだら苦心しました。

面持の周りに髪をかぶせてエラの形状を見えないようにしたり、化粧でシャドーを入れたり。

姉って三ヒューマンで画像なんて撮ろうグッズなら、一人だけ斜めを向いて立ちます。ちゃんと、涙ぐましい努力をしてきたんですよね。

ただし、あんな引け目もブライダル引き返し10階級したら、もはやどうしてもよくなってきました。そんなことよりも養育や家族や任務が大変からです。

そうしてある日、久しぶりに兄妹三ヒューマンで会うことになりました。皆さん国内に散らばってしまったので、なんだか出会う機会が無く3階級振りだ。

みんなでミュージアムをめぐってランチタイムして、って明るいスパンを過ごしました。そうして、写真時刻がやってきました。

も、自身はいよいよエラのことをそれ程気にしていません。堂々傍を向いて笑顔でパシャリ。

家に帰ってからマミーのために画像を現像すると、姉二人のほうれい線がくっきりとしていて歳を取って見える。公明正大、驚きました。

自身はとうに40を過ぎていますが、いまだにほうれい線ができていないので、姉に比べると全く若々しく見える。およそエラのおかげでスキンが引っ張られ、ほうれい線ができづらいのでしょう。

あれほど嫌がっていたエラですが、今はありがたい気持ちでたっぷりだ。歯医者が怖いから虫歯だらけだけど治せない。